みなし仮設、他市町村で入居26% 孤立懸念、支援強化へ 熊本地震 – 西日本新聞


みなし仮設、他市町村で入居26% 孤立懸念、支援強化へ 熊本地震
西日本新聞
熊本地震で被災し民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設」に入居した1万2535世帯(2万9094人)のうち、26%に当たる3215世帯(7022人)が、自宅のある市町村外の物件に住んでいることが熊本県の調査で分かった。県外のみなし仮設や公営住宅で暮らす被災者も460 ...
「みなし仮設住宅」入居24%が転出者 別の県内市町村に 県の調査で判明 /熊本毎日新聞

all 2 news articles »
(Google Inc.様より引用)