水俣病「心の声」代弁 石牟礼道子さん死去 近代の闇、問い続け 患者ら「どれだけ力になったか」 – 西日本新聞


水俣病「心の声」代弁 石牟礼道子さん死去 近代の闇、問い続け 患者ら「どれだけ力になったか」
西日本新聞
熊本県水俣市などの患者や家族、支援者らはその人柄をしのんだ。 胎児性患者の加賀田清子さん(62)=熊本県水俣市=は「会うと『お元気ですか』と優しい言葉を掛けてくれた。悲しい」と声を振り絞った。1969年、原因企業のチッソを相手にした水俣病第1次訴訟で石牟礼さんは原告たちを支援。「私ども漁民にとって ...

(Google Inc.様より引用)