「命の翼」視界は不良 病院支える地域航空の厳しい経営 – 朝日新聞


朝日新聞

「命の翼」視界は不良 病院支える地域航空の厳しい経営
朝日新聞
九州の熊本県本土から島々を橋で渡り継いで、たどりつく天草下島(しもしま)。島南端にある牛深(うしぶか)市民病院へ、内科担当の医師青山貴子(47)は月1回ほど、島北部の天草空港を発着する航空会社の天草エアラインを利用して通う。自宅がある京都市から福岡空港を ...

and more »
(Google Inc.様より引用)