益城の開発要件熊本県が緩和、復興住宅建設後押し – 読売新聞


読売新聞

益城の開発要件熊本県が緩和、復興住宅建設後押し
読売新聞
益城町では、県道熊本高森線の約3・5キロ区間を中心に、熊本市と接する町西部の広さ約5平方キロが、優先的に開発する市街化区域に設定されている。近年、熊本市のベッドタウンとして住宅建設が進み、地震当時は、町民の8割近くが同区域内で暮らしていた。 ただ、町面積 ...

(Google Inc.様より引用)