止まった時計は亡妻 阪神大震災の記憶伝え – 毎日新聞


毎日新聞

止まった時計は亡妻 阪神大震災の記憶伝え
毎日新聞
時計と一緒に古里で出直すことにした。店を構えたのはそれから1年後の96年。妻との約束を果たしたと思うと、泣けてきた。 開店から20年の2016年4月。また激しい揺れに襲われた。熊本地震だった。阪神の経験から、自宅や店の大きな家具やテレビは壁に固定していたため、店の食器棚は倒れなかった。本震時も ...

and more »
(Google Inc.様より引用)