大災害に「対口支援」方式を制度化へ – 毎日新聞


大災害に「対口支援」方式を制度化へ
毎日新聞
対口支援を巡っては、11年3月の東日本大震災で関西広域連合の加盟府県が、被災地各県の支援を分担した。16年4月の熊本地震では、応援都道府県が支援に責任を持つ被災市町村を分担し、発生3週間後に一般職員約1400人が応援に入った。一方、地震直後、応援自治体をとりまとめる機能が不十分で、本 ...

and more »
(Google Inc.様より引用)