仮設17世帯、延長認めず…熊本県 – 読売新聞


仮設17世帯、延長認めず…熊本県
読売新聞
熊本地震の被災者が入居する仮設住宅を巡り、熊本県は9日、県が借り上げた「みなし仮設」に入居し、期限の延長を希望する熊本市を除いた18市町村の715世帯のうち、17世帯の申請を認めないと発表した。 県によると、仮設住宅の入居期限は原則2年間で、715世帯は4~5月に期限を迎える。県は国と協議し、〈1〉工 ...

(Google Inc.様より引用)