インフル猛威、新薬発売へ – 毎日新聞


インフル猛威、新薬発売へ
毎日新聞
化血研は鶏卵を使わずに季節性のインフルエンザワクチンを量産する手法を研究している。鶏卵は厳しく衛生管理した有精卵を使う必要があり、ワクチンの製造に時間がかかる上、製造量も鶏卵の供給量に左右される。費用面などを考慮して開発段階に移れるかどうかを検討しているが、独自技術で栄養液だけで製造でき ...

and more »
(Google Inc.様より引用)