みなし仮設延長ほぼ認める 熊本県、4~5月入居期限 – 日本経済新聞


みなし仮設延長ほぼ認める 熊本県、4~5月入居期限
日本経済新聞
熊本県は10日までに、2016年4月の熊本地震被災者の仮住まいとして行政が民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」に関し、今年4~5月に入居期限を迎える熊本市を除く世帯で、希望する715世帯のうち698世帯に入居延長を認めたと発表した。 県によると、入居期限を迎えるのは1224世帯で、715世帯のほか ...

(Google Inc.様より引用)