差別の歴史伝える、ハンセン病刑務所庁舎解体へ – 読売新聞


読売新聞

差別の歴史伝える、ハンセン病刑務所庁舎解体へ
読売新聞
副会長の太田明さん(74)は「たった1人の受刑者のために多額の公金が投じられた。前時代的な差別が続いていた」と指摘する。 閉所後の2008年、国は庁舎と恵楓園の宿舎跡を競売にかけた。自治会が歴史的建造物として保存を求め、競売は中止されたが、結論が出ないまま建物の老朽化が進んだ。その ...

(Google Inc.様より引用)