「金継ぎ」被災陶器に命 熊本の陶芸家×輪島塗職人 – 中日新聞


「金継ぎ」被災陶器に命 熊本の陶芸家×輪島塗職人
中日新聞
同県内の陶芸家五人が賛同し、昨年一月から本格的にプロジェクトが始動した。 かつて能登半島地震を経験した輪島市の金継ぎ技術を持つ職人に、知人のつてで協力を仰ぎ、先月上旬までに二つの作品が完成。陶器の破片と輪島塗の木片をつなぎ合わせ、蒔絵(まきえ)で桜を描いた茶わん「繕桜(よしざくら ...

and more »
(Google Inc.様より引用)