火山活発化で水銀噴出増 県内の研究班が阿蘇で関連解明 水蒸気爆発時に灰から高濃度 [熊本県] – 西日本新聞


西日本新聞

火山活発化で水銀噴出増 県内の研究班が阿蘇で関連解明 水蒸気爆発時に灰から高濃度 [熊本県]
西日本新聞
研究班は阿蘇火山博物館の須藤靖明学術顧問(73)、国立水俣病総合研究センター環境化学研究室の丸本幸治室長(44)、熊本市の地質愛好家永松允積(よしずみ)さん(70)。自然界に存在する微量の水銀の多くは火山活動に由来するとされており、阿蘇中岳の火山灰を ...

(Google Inc.様より引用)