九州から今も東北思う 古里胸に脱原発運動・佐賀の金本さん 災害派遣教訓生かす・熊本の西郷さん – 西日本新聞


西日本新聞

九州から今も東北思う 古里胸に脱原発運動・佐賀の金本さん 災害派遣教訓生かす・熊本の西郷さん
西日本新聞
退官後に家族で移り住んだ熊本県嘉島町でも熊本地震に遭遇。「1日が長く、1年が短かった」という7年間。東北の被災地で過ごした138日の記憶が日増しに鮮明になっていくという。 災害派遣では、津波被害を受けた宮城県気仙沼市、南三陸町などで活動した。震災の約1カ月後、石巻市で3歳の男児の遺体を ...

(Google Inc.様より引用)