国内初の完全撤去へ 熊本・荒瀬ダム発電所の解体開始 – 産経ニュース


国内初の完全撤去へ 熊本・荒瀬ダム発電所の解体開始
産経ニュース
熊本県は28日、国内初となる県営荒瀬ダム(八代市)の完全撤去作業の一環として、球磨川の約2キロ下流にある藤本発電所建屋の解体作業を始めた。平成24年9月から取り組んでおり、来年3月までに全ての構造物を撤去することを目標にしている。 発電所の建屋を除くと、 ...

(Google Inc.様より引用)