関連死3割が車中泊 「健康確認、態勢確立を」 – 毎日新聞


毎日新聞

関連死3割が車中泊 「健康確認、態勢確立を」
毎日新聞
最大震度7を2回記録した熊本地震の被災地では、建物の倒壊を恐れて車中泊する避難者が続出した。 3日現在、熊本県で197人、大分県で3人の計200人が震災関連死に認定され、直接死(50人)の4倍に達した。毎日新聞は昨年12月上旬、震災関連死を認定した熊本県19市町村と大分県1市の計20市町村に ...

and more »
(Google Inc.様より引用)