五輪・パラ魅力、選手らが語る…熊本でシンポ – 読売新聞


五輪・パラ魅力、選手らが語る…熊本でシンポ
読売新聞
2020年の東京五輪・パラリンピックの成功に向け身近にできることを考えようと、熊本県教育委員会は4日、五輪・パラリンピックに出場した3人を招いたシンポジウムを熊本市内で開いた。高校生ら約150人が参加し、トップアスリートたちの話に耳を傾けた。 県出身で、ロンドン五輪陸上男子100メートル代表の江里口匡史さんは ...

(Google Inc.様より引用)