鹿児島、熊本の選挙区定数減の影響じわり 単独自民候補に向かい風 – 産経ニュース


鹿児島、熊本の選挙区定数減の影響じわり 単独自民候補に向かい風
産経ニュース
今村氏は今回も比例単独で出馬予定だ。 鹿児島県と同じように、熊本県でも選挙区が1減る。この結果、自民党前職の園田博之元官房副長官(75)が比例に回る。 少なくなった比例の議席に対し、“いす取りゲーム”は厳しさを増す。 この状況に、自民党の鹿児島、熊本両県連は ...

(Google Inc.様より引用)