清正公築造の水路群選定 世界かんがい施設遺産国内候補 「観光に役立てたい」 [熊本県] – 西日本新聞


西日本新聞

清正公築造の水路群選定 世界かんがい施設遺産国内候補 「観光に役立てたい」 [熊本県]
西日本新聞
初代熊本藩主加藤清正が約400年前に手掛けた白川流域の農業用水路(熊本市、菊陽町、大津町)が、国際かんがい排水委員会(ICID)の世界かんがい施設遺産の国内候補に選ばれた。本部の審査を通過すれば8月にも登録される。 申請した黒川・白川河川流域水土里( ...

(Google Inc.様より引用)