「熊本のために」再び走れる喜び 全国女子駅伝、吉本選手 – 京都新聞


熊本のために」再び走れる喜び 全国女子駅伝、吉本選手
京都新聞
教員免許の取得を勧められ、目標を得た。約1年間、京都で生活。母校のコーチを手伝っていると、同郷の前田彩里選手(現ダイハツ)らが楽しそうに走っていたという。「最初は全然走る気がなかったけど、見ていたら、だんだん走ろっかなと思えた」. 24歳で再び、実業団の門をたたく。ダイハツの練習のスピードに付いて ...

and more »
(Google Inc.様より引用)