地震で転居重ねた店主夫婦、パンで被災地応援したい 長崎 – 産経ニュース


地震で転居重ねた店主夫婦、パンで被災地応援したい 長崎
産経ニュース
被災地を応援したい」と地域への恩返しで熊本県産の小麦粉を使う。東彼杵町の住民の支援を受けて開店した2人は「地元産品も取り入れ、地域の魅力発信に一役買いたい」と意気込んでいる。 昨年4月にオープンした店は、地区の名前にちなん「ちわたや」と命名した。食パンやメロンパンなど、12種類ほどのパン計 ...

(Google Inc.様より引用)