熊本地震 「復興の酒」醸造本格化 新酒米「華錦」使い9蔵元の14銘柄店頭に – 産経ニュース


熊本地震 「復興の酒」醸造本格化 新酒米「華錦」使い9蔵元の14銘柄店頭に
産経ニュース
熊本酒造組合が、熊本独自の新しい酒米「華錦(はなにしき)」を使った日本酒を醸造し、発売にこぎ着けた。華錦は熊本県が開発し、平成28年度に醸造が本格化する予定だったが、熊本地震で酒蔵が被災し、生産に遅れが生じた。今回、組合所属の蔵元10社中9社が計14銘柄を販売しており、同組合や県は「復興 ...

(Google Inc.様より引用)