DIY体験イベントに希望者殺到


求められるプロのレクチャー

大阪府住宅供給公社が大阪府茨木市に立つ茨木郡山団地で7月1日に行う先着合計10人のDIY体験イベントの参加者募集を22日から行ったところ、23日午前の時点で募集枠の上限に達した。

同社ではこれまで、大阪府内の47団地・約1万2000戸を対象に、退去時の原状回復義務を一部免除するDIY型賃貸住宅『団地カスタマイズ』を提供している。入居者に積極的にDIYを楽しんでもらうため、DIYインストラクターによるレクチャー付きの体験イベントを開催する。

今回同社が行うDIY体験イベントは2回目となる。1回目は2月に大阪府寝屋川市の香里三井C団地で行ったが、事前申し込みが必要となった合計18人を含め、約40人が参加していた。今回も前回と同様、午前は壁の塗装体験、午後は棚の取り付け授業となる。

1回目の参加者からは「DIY初心者が突如自分で始めるのは難しいが、プロのレクチャーがあると道具の使い方も学べるので参加した」との声が上がったという。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)