J-オイルミルズ、価格適正化を引き続き注力 今上期、環境悪化で減益予想

 J-オイルミルズは今期、価格適正化を全社で引き続き注力するとともに、コストダウンや高付加価値油の拡販を図ることで、前第4四半期から悪化に転じた周辺環境に対応する。前期、増益で着地した同社だが、年末からの円安化や原料高などに直撃。これを受け...
(日本食糧新聞様より引用)